免疫を高める食品でインフルエンザを予防

インフルエンザは、インフルエンザウィルスによって引き起こされます。
その症状は急な高熱や頭痛、筋肉痛などが現れます。
また喉の痛みや咳などもあります。
一般の風邪と比べると症状は重く、感染力も高くなっています。
毎年12月から3月くらいの時期に流行します。

インフルエンザ予防の方法としてまず挙げられるのが、予防注射の接種です。
流行時期の前、11月ごろから受けるのが望ましいとされています。
通常1~4週間の間隔をおき2回接種しますが、毎年接種している方や近年インフルエンザにかかった方は1回接種でも十分効果があります。
その他日常生活上では、外出後のうがいや手洗い、人込みを避けること、部屋を乾燥しすぎない様にすることなどが予防法として挙げられます。
冬は空気が乾燥しやすく、乾燥した空気は気道粘膜の抵抗力を弱めるので、ウィルスに感染しやすくなるためです。
また体力が落ちないように、バランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠を確保するように照ることが大切です。

インフルエンザは、免疫機能が下がるとかかりやすくなります。
予防するため、免疫を高める食品を摂ることも大事なことです。
その食品とは、まず免疫細胞の材料となるタンパク質です。
具体的には肉や魚、大豆製品、卵などです。
そして免疫がスムーズに働くように必要なのがビタミンCやAです。
ビタミンCはキャベツやパセリなどの野菜や、いちごやみかんなどの果物に多く含まれています。
またビタミンAは、レバーやウナギ、乳製品です。
鉄や亜鉛といったミネラルを摂ることも重要です。

インフルエンザ治療に用いられる薬に、リレンザがあります。
これは粉末状の吸入薬です。
リレンザ使い方は、専用の吸入器を使って口から吸いこみます。
気道に作用することによって、症状が軽減したり、治るのが早くなります。