危険なウイルスとは何か

危険なウイルスとは何かという事ですが、一言でいうと深刻な病にかかるウィルスが危険なウイルスであると言えます。

例えば、現在世界中で蔓延しているHIVウイルスは非常に危険なウィルスです。このHIVウイルスに感染してしまうと、エイズになり免疫力が低下し結果として様々な合併症を引き起こしてしまいます。

また、日常生活の中で感染の恐れがあるものとして、肝炎ウイルスがあります。B型肝炎ウイルスなどは、その感染ルートは血液感染が多く、異性との性交渉の際にきちんと避妊などをしていなかったりすると、感染する恐れがあります。

そして、B型肝炎ウイルスに感染してしまいますと、潜伏期間の後にそれが原因で肝硬変や幹細胞癌になってしまう人もいます。ですので、このようなウィルスも危険です。

風などのウイルスと比べると、このような特殊なウィルスは一旦感染してしまうと、深刻な症状が起きたり病気になってしまいますので、それに感染しないような対処が必要になってきます。

また、エボラウイルスの感染が広がっているとニュースになったように、そのような人を死に至らしめるウイルスも中には存在します。空気感染や飛沫感染といった、人から人は感染しやすいウイルスはより危険性が高くなります。

健康管理をしっかり行うことでウイルス感染を防ぐ

健康管理をしっかり行う事でウイルス感染を防ぐ事ができます。
ウイルスは、私たちの体の中に侵入してしまいますと、体に悪影響を与える事が多いです。
ウイルスの中には私たちに重大な危険を起こす物も多数存在していますし、日本でも毎年感染が多くでているものにインフルエンザウイルスがあります。

また、日ごろ主な病気としてある風邪もウイルスが原因でなってしまう病気です。

これらのウイルスに感染するのを防ぐためには健康管理が一番重要になってきます。

まず大事なのが手洗いとうがいです。
手洗いやうがいをする事によってウイルスが体の中に入るのを防ぐ事ができます。

もし、手洗いやうがいをしない場合は、そのような状態で食べ物を食べたりした時に一緒にウイルスが体内に入ってしまう可能性があります。

また、マスクも大事です。
ウイルスは空気感染もします。
ウイルスに感染している人が咳をして、その近くにいますと貴方の口や鼻からウイルスが侵入していきます。
しかし、マスクをする事によってそれを防ぐ事ができます。

大事なのは、ウイルス感染を防ぐ専用のマスクを着用する事です。
普通の安物のマスクではウイルス侵入を許してしまう可能性があります。

以上のように健康管理を行っていきます。