インフルエンザにおけるキーワードとなる3日という数

インフルエンザの治療について理解していく上で3日というのは一つのキーワードになります。インフルエンザにかかってしまった際に何日までに何をしなければならないか、あるいは何日は何をしなければならないかという数を考える際に3日という数を覚えておくと間違いがないからです。インフルエンザウイルスに感染した際には潜伏期間がありますが、その期間は1日から2日というのが典型的であり、遅くとも3日目には発症します。そして、高熱や悪寒、だるさや節々の痛みといった自覚症状が出てきてからインフルエンザの治療に用いられるノイラミニダーゼ阻害薬を服用するまでには48時間以内に飲む必要があるとされています。大雑把には3日目になるまでに服用を開始しなければならないと覚えておけばよいでしょう。そして、インフルエンザの場合には3日から5日程度は高熱に苦しむことになるのが典型的であり、3日は休まざるをえないという認識が必要です。その程度の日数が経過すると自覚症状がなくなって回復したように感じられるようになります。しかし、実際には身体の中にはインフルエンザウイルスが残っていて、他人に感染させてしまう危険性を持っています。その危険性がなるなるまでには2日程度の安静が必要であるとされており、自覚症状がなくなってから3日目になったら通常通りに行動して良いということが言えるようになるのです。こういった形で、様々な日数の判断基準に3という数字が登場するのがインフルエンザ治療であり、3日ということを覚えておくと多くのケースで役に立ちます。幅があって迷ってしまいそうなケースが多いからこそ、一つのキーワードを記憶しておくと決定的な間違いをせずに済むでしょう。