インフルエンザと下痢とティーツリーオイルについて

インフルエンザの症状といえば、高い熱が出たり、激しい咳や鼻水があったり、関節痛がしたりというのが一般的に挙げられるものです。それとともに、インフルエンザにかかって下痢の症状が出るというのも、少なくはないものです。 インフルエンザでの下痢の症状は、ウイルスが侵入しての胃腸炎から引き起こっていることがあります。新型やB型と呼ばれるタイプなどは、体内の消化器系に大きく影響を与えます。インフルエンザの処方薬で、副作用としてそういった症状が出ることもあります。この場合は、薬の効き目が消えれば、下痢の状態も治まりがつきます。

インフルエンザ対策として、ティーツリーオイルの精油もあります。ティーツリーオイルには、人間の体の抵抗力を高める作用があります。免疫力が向上することで、ウイルス感染を防ぐ効果があります。ティーツリーオイルは、抗菌力といった面でも優れています。そのため、普通の風邪の予防対策に使用するのにも良いです。普段からアロマに触れている女性であれば、生活の中に簡単に取り入れやすいものです。インフルエンザには、病院の医薬品と決め付けることはありません。自然のアロマのパワーも、上手にとり入れるといいです。

ティーツリーオイルの精油は、お手軽に使えますから、男性でも手軽に取り入れられます。外に出かけるときにはマスクをすることが多くなるのが、冬のシーズンです。そのときに、マスクに軽く垂らすのもひとつです。室内であれば、マグカップに熱いお湯を入れて、そこに数滴を垂らすのもいい方法です。ティッシュを軽く丸めて、そこに垂らして、鼻へと吸引することもできます。ディフューザーで焚いたりするのも、もちろん有りな方法になります。