インフルエンザ接触感染予防方法と人との接触を避ける

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。インフルエンザウイルスの感染力は強力で、流行すると年齢や性別などに関係なくたくさんの人に短期間で感染してしまう特徴があります。インフルエンザの感染経路には感染した人が咳やくしゃみをすることでとんだ飛沫に含まれるウイスルを、口や鼻から吸い込んだりして体内に取り込んでしまう飛沫感染と、感染した人が咳を手で押さえた後や鼻水を手で拭った後に物などに触れてそこについたウイルスを、感染していない人が触れてしまい、その手で自分の口や鼻などに触れてしまう音によって粘膜などを通じてウイルスを体内に入れてしまう接触感染があります。飛沫感染予防にはマスクなどが効果的です。また接触感染予防のためにはまず、外出先からの帰宅後、調理の前後、食事の前などの手洗いが大切になります。接触感染予防のための手洗いの方法としては、流水で手全体を濡らし薬用石けんまたは消毒薬などを手のひらに取り、手の甲を包み込むように洗います。指の間や指先、爪の間、手首もしっかりと洗い流水できれいに泡を落としましょう。手を洗った後は清潔なタオルやペーパータオルなどできれいに水分を拭き取るようにしましょう。また接触感染予防には外出先から帰宅した後のうがいも効果的です。インフルエンザにかかってしまったときには、他の人にうつさないようにすることも大切です。同居する家族、とくにお年寄りなどは重症化しやすいためなるべく接触しないように心がけ、部屋を別にするなどして静養しましょう。熱が下がった後も3日程度は他の人にうつしてしまう可能性があります。そのため熱が下がっても3日ほどは家族との接触を避けるようにし、学校や仕事なども3日ほどは休み、しっかりと療養するようにしましょう。